前回(2007年11月)からまたちょっと描き方が変わったので記録しておきます。
ちょうど2006年4月からマンガを描き始めて2年が経過した所ですがだいぶ安定してきたかなあといった感じでしょうか。。。
コミスタ使い始めて1年半位ですがまだまだ気付いてない機能がありますね。。。



 
プロットは相変わらずパソコンのメールソフトで書いてます。


 
ネームの描き方が大幅に変わりました。
今までは直接原稿用紙に青シャーペンで1話1話描いてましたが、
ちゃんと別のノートに全話まとめて描くようになりました。


 
ノートというかB4のコピー用紙を半分にしてホッチキスでとめたものです。
1話ごとにまとめて最後にガムテープで全話くっつけます。


 
ちゃんと中綴じにするのだ。


 
普通のホチキスでも出来るもんですね。



針だけ刺して指でとじます。


 
コピー用紙5枚くらいまでいけます。
ページ数にすると20ページ。
私の場合1話分描くにはこれで十分だったりします。



消しゴムの使い方が変わりました。
半分に切った大きさが一番使いやすい。


 
下書きの描き方が変わりました。
まず表に青シャーペンで目以外を結構がっつり描くようになった。


 
で、裏に黒シャーペンできちんとした下書きをするように。
そして表の青シャーペンをざーっと消してからペン入れ。


 
フキダシの描き方も変わりました。
はみ出した部分は全部囲って閉じるように。
この方がコミスタ作業の時に範囲選択しやすい。


 
髪ベタは筆ペンで塗るようになりました。


 
大体服も髪もツヤとか全く入れずにほぼ全ベタが多くなった。
とにかく黒い所はきっちり黒く塗りつぶす。


 
暖かくなってきたのでコタツ作業をしなくなり、テーブルを出して描くように。
ただしペン入れから。
下書きの時は色々物で溢れるので広いテーブルじゃないと描きにくい。。。


 
下書き作業もちょっと変わった。
前はとりあえず描ける所だけ先に描いて、
描けない所が出てきたら資料探しという順番だったんですが、
一番最初に下書きする際にまず資料を集めるだけ集める事にした。

主にこのへんを利用してます。↓
写真素材なら高品質ストックフォトのimagenavi(イメージナビ)
http://imagenavi.jp/



 
コミスタ作業は特に変わってませんが、トーンの柄の倍率を簡単に変更出来る事に気付きました。
トーンレイヤーをダブルクリックするだけで設定変更出来るんですね。。。

あと網点のトーンで5%を使わなくなった。
影をつけるのは10%の濃さがちょうど良いかなと。。。

集中線にはAとかBとか種類がある事に気付いた。。。
ウニフラとか普通にあったんですね。。。


 
描き文字をちょっと変えるようになった。
ブラシ設定をいじりまくり。。。


 
楕円にして向きをランダム設定にするだけでちょっと筆っぽくなる。


 
長方形にしたらマジックペンぽくなる。






ちなみに出力時のファイル名は全部「p0001~」の連番。
大きさは920×650px。
マンガ読もっに投稿する時は、このままzip圧縮。
マンガ市場に投稿する時はp0000の真っ白なページを一枚足してzip圧縮。



とりあえず現在はこんな感じで描いてます。
コミスタのバージョンをEXにしたいですねー。。。。



2008年11月に続く。